アニメソングと日本文化。優れた作曲家が創作する音楽。

日本には色々なジャンルの音楽が存在しています。多種多様な文化を上手に取捨選択し、アレンジを施すのが得意だと言われる日本の文化、それは芸術のジャンルでも同じ事だと考えられています。海外の優れたクラシックやオーケストラ曲の文化をアレンジして、独自のミュージックスタイルが創作される事があります。ただ単純にコピーするのではなく、日本文化に合った形にローカライズする行為、それは日本の芸術家が最も得意とする作業とも言われています。特に海外文化に積極的に触れたミュージシャンや作曲家は、そういったアレンジ能力が優れている側面があります。和魂洋才を実践するクリエーターや作曲家たちがいます。彼らは良い歌と曲を日々創作しています。

日本の独自文化として評価されるアニメや漫画、ライトノベル。それらが映像作品として制作される場合、そこにはバックミュージックが必要となります。日本の現場では優れた作曲家がアニソンの創作や作詞を担当する事があります。アニメソング、キャラクターソングは子供向けの作品、という概念は、既に古い可能性が指摘されています。一流の作曲家やミュージシャンが、アニメ作品のミュージックを担当するケースも多々あります。クラシックの技術やオーケストラ曲のメロディなどが、上手にアレンジされたアニソンなどもあります。優れたアニソン作曲家が創作するテーマソングやBGMには、普遍性が生まれるケースがあります。時代を超えて愛されるメロディが日本には存在しています。

Copyright (C)2017アニメの音楽が人気を集めている理由とは.All rights reserved.